美容整形外科で二重治療

私のまぶたは元々一重の状態で、普段からメイクをする際に二重化粧品を利用して擬似的にまぶたに二重のラインを作る方法を利用していました。ただメイクをする時以外は常に一重まぶたの状態ですし、アイプチやアイテープを利用する際に事前に使用するプッシャーをまぶたに押しつけると、デリケートなまぶたに細かな小じわが付いてしまうので、このままではまぶたに負担を与え、皮膚のたるみも原因となると不安に感じました。
そこで常に綺麗な二重まぶたを手に入れる方法として、美容整形外科で二重治療を受けることに決めました。ただ美容整形外科で受ける治療は、まぶたを全切開してラインを形成する大掛かりな手術が必要だとイメージしていたので、入院期間などを考慮しなくてはいけないと思っていましたが、実際に診察を受けた際に医師から提案されたのは「埋没法」の治療方法でした。
一般的に全切開術は、半永久的な効果を得たい場合やまぶたが厚い状態の方に向いていますが、私のまぶたはそこまで厚くなく埋没法による糸の埋没だけで十分にきれいな状態に仕上げることが出来ると説明を受け、肌への負担が少ない治療方法でケアを受けることに決めました。
埋没法はスタンダードな治療でも、施術時間が約15分と短く、治療内容も特殊な糸をまぶたに2~3ヶ所埋めることでラインを形成するので、痛みも少なく短時間できれいな仕上がりになることに驚きました。また医師の説明では万が一二重ラインが気に入らなければ、早い段階なら糸を除去することで元の状態に戻すことも可能だとわかり、これは魅力的な美容治療だと感じました。
糸を埋め込むので最初はチクッとした痛みは感じましたが、時間が経つと痛みはなくなり腫れやまぶたの赤みなどもほとんど起こらなかったので、翌日は普段通りに洗顔とメイクを行うことが出来ました。周りにプチ整形を行ったこともバレにくい点が良かったですし、経過もよくきれいな仕上がりが継続しているので満足です。