美容整形外科でボトックス注射

元々顔の大きさに悩んでおり顔のむくみや余分な脂肪を除去するためにもリンパマッサージや、美顔器を利用したお手入れを自宅で行うなど自分で行える対処はできるだけ行っていましたが、自分の顔の大きさの原因はエラの部分の張り出した筋肉だとわかり自分で行える対処には限度があると感じました。
そこで効率よく綺麗なフェイスラインを手に入れるためにも美容整形外科に相談をすることに決めました。美容整形外科に相談した時は、顔の骨格を切除する手術を行う必要があるとイメージしていましたが、実際に医師から提案された治療方法が「ボトックス注射」でした。
このボトックス注射は発達して太くなっている筋肉に直接注入することで、ボツリヌス菌のタンパク質が筋肉に一過性の麻痺状態になり、一時的に筋肉が動きにくくなることで発達した状態が細くスリムになる仕組みだと説明を受けました。
最初は筋肉を麻痺させてしまうと聞き、少し不安に感じたので医師によるとエラの咬筋が動きにくくなっても他の筋肉が補うので、食事や会話などは問題なく行えると説明を受けたので治療を受けることにしました。
治療自体は注射だけなので、カウンセリングをいれても約1時間程度で完了し、針の跡も目立たなく腫れや痛みなども一切おこならないので周りに治療を受けたことがバレル心配が無いのが魅力的でした。治療を受けた当日は湯船には浸からないようにいわれましたが、シャワーは利用できますし翌日からは洗顔やメイクなども問題なく行えるので、普段通りの生活が行えたのもよかったです。
ボトックス注射の効果を実感出来たのは、施術を受けてから約一週間ほどでした。張り出していたエラの部分がシュッとスマートになり大掛かりな手術をしなくても小顔効果を得ることは出来るのだなと感激しました。また普段から悩んでいた噛みしめのクセが改善され、夜間の歯ぎしりによる歯の摩耗や、肩こり、頭痛などの症状も改善し嬉しく思っています。